英語力を活かせる!インターナショナル保育園の看護師求人・募集

英語力を活かせる!インターナショナル保育園の看護師求人・募集

現在の日本は、日本国民よりも外人を優遇する傾向にあるので、在日外国人のための保育園まで存在しています。しかし、保育士や看護師は当然日本人になっているのですが、中には日本語が通用しない園児も存在しています。このようなインターナショナル保育園で勤務する場合には、やはり英語力が必要になることはいうまでもありません。

 

しかし、インターナショナル保育園に入園している子供が、すべて英語圏の外人とは限りませんので、中には英語すら通用しない場合もあるでしょう。ただ、看護師を採用する場合には、通常英語ができれば採用してくれることが多くなっているので、他の言語も話せた方がよいことに越したことはありませんが、英語が話せれば問題ありません。

 

どれぐらいの英語力が必要なのか

インターナショナル保育園の看護師として就職するには英語が必要になるのですが、どれぐらいの英語力が必要になるのかわからないという人も多いでしょう。看護師の職場で英語が必要になるのは、フィールドナースが一般的となっています。しかし、フィールドナースはビジネスの話や医療機器の説明などを行うので、ある程度の英語力を必要とするのですが、保育園の場合には普通に話せれば問題ありません。

 

よって英語が指導できるレベル、難しい内容を説明できるだけのレベルは必要ありませんが、日常会話が普通にできる程度のレベルはやはり必要になります。もちろん英語のレベルが高いだけでは看護師として勤務することはできませんので、看護師としてのレベルもある程度は必要になるため、まずは看護師としての経験を積んでおきましょう。

 

英会話のレベルがどれぐらいなのかを証明するためには、やはりTOEICの点数が最もわかりやすいのですが、フィールドナースと違って求人票にTOEIC何点以上と明記していない場合が多いものの、やはりある程度のレベルであることを証明する最もよい方法なので、試験を受けておくべきでしょう。もちろん点数は高いに越したことはありません。

保育園看護師の求人募集ガイド