保育園看護師の医療行為の範囲について

保育園看護師の医療行為の範囲について

保育園で園児が病気になる事はよくあるでしょうが、もし病気になった時には、保育園で勤務する看護師がどこまでの医療行為ができるのかその範囲を見てみましょう。

 

通常看護師が行う事と言えば、園内の衛生管理指導、健康に関する呼びかけ、健康診断を行う際の補助、園児が病気やケガをした時の応急処置などが一般的なのですが、看護師であればどんな医療行為も許されている訳ではありません。

 

看護師ができる範囲は保育園であっても病院であっても同様なので、基本的に看護師は患者に対して治療を施す事は不可能です。

 

よって看護師がこのまま安静にしているだけではなく、治療が必要だと考えた時には、病院へ行くように指示する場合もあるのですが、保育園に通っている園児が1人で病院へ行けるわけはありませんし、保育園に子供を預ける親と言うのは、大半は両親が働きに出ている事が多くなっています。

 

その為、できる限りは親に連絡をするのが一般的なのですが、どうしても連絡が取れない場合は看護師や保育士が付き添って病院へ行く事が多くなっています。

 

また、健康診断の時にも、採血や身長、体重の測定は看護師が行う事になる場合が多いものの、診察は看護師が行う事はできませんので、医師が保育園に来て健康診断を行うようになっています。

 

更に処方箋を出すような事は看護師にはできないものの、市販されている薬を飲むように勧める事はできるので、病院やクリニックではこのような事はありませんが、保育園の場合には薬を飲んで寝ているように指示する事は可能です。

 

他にも看護師はカウンセリングができるので、健康面に関して心配している親が看護師に色々と話す事もある為、アドバイスなどをしてあげる事は可能ですが、個人面談などは基本的に保育園では行っていないので、病院やクリニックで相談するようになります。

 

このように看護師にはできる事とできない事があるので、できない事はきちんとできないという事が大切ですし、できる事はしっかりと行っていかなければいけません。

保育園看護師の求人募集ガイド