保育園看護師の面接で押さえておきたいポイントや自己PR

保育園看護師の面接で押さえておきたいポイントや自己PR

基本的に看護師の場合には、人材不足という事もあり、比較的採用してもらえる確率が高くなっているのが現状です。

 

しかし、看護師が働く職場によっては、看護師を1人しか採用していない場合もあるので、そんな時に複数の人が応募してきた場合、当然面接官や人事担当者が良いと思った方の人を採用し、他の人は不採用となってしまいます。

 

そうならないようにする為には、面接対策をしっかりと行っておかなければいけませんが、面接のときに抑えておくべきポイントはどのような所なのでしょうか。

 

また、保育園で働く看護師の場合には、どのような所が重要視されるのかを理解しておく事で、より就職できる確率が上がってくるのです。

 

やはり面接の時に必ず聞かれる事があるので、何を聞かれてもきちんと答えられるようにしておく事が重要なのですが、面接の時に必ず聞かれる事と言えば、前の会社は何で辞めたのかという事と、なぜこの仕事がしたいと思ったのかという事でしょう。

 

保育園の看護師として働く場合には、大抵前職は病院での勤務となっているので、なぜ病院を辞めたのかという問いに対してきちんと答えられるようにしておく事と、保育園の看護師を選んだ理由をきちんと説明できるようにしておく事が重要です。

 

他にもよく聞かれる事があるのですが、他の問いは保育園によっても違ってきますし、保育園で働く看護師の知識が多少でもあれば答えられる場合が多いので、特に問題はありません。

 

後は面接を受ける時に必ず提出する事になる履歴書がポイントとなるのですが、履歴書で重要な事と言えば、やはり志望動機と自己PRなので、この最も書きにくくて悩む人が多くなっている所をきっちりと書けるかどうかが重要になってきます。

 

場合によっては書類選考になっている事もあるでしょうが、書類選考で落とされてしまったら、面接まで行き着く事もできなくなってしまうので、最も重要なのは履歴書と言っても過言ではありません。

保育園看護師の求人募集ガイド