医療機関勤務には無い保育園看護師のメリット

医療機関勤務には無い保育園看護師のメリット

医療関連の仕事をする場合には、色々な職場で働く事が可能なのですが各職場によってメリットもあればデメリットも存在しているので、自分にとってメリットが多い職場を選ぶようにする事が大切です。

 

そこで保育園で働く場合には、どのようなメリットがあるのかを見ていきたいと思いますが、保育園で看護師として働くには、やはり子供が好きな人でなければいけませんので、子供が好きと言う人に向いている反面、あまり子供が好きでないという人には向いていません。

 

そして医療機関である病院で勤務する場合と比べてみて、大きな違いとなっているのが夜勤ではないでしょうか。

 

病院勤務では夜勤があるのに対して、保育園で勤務する場合には、夜勤が無いと言うのが最大のメリットと言えるでしょう。

 

更に言えば残業も保育園の場合にはそれほど多くは無いので、病院のように常に残業や夜勤を行わなくて済むという面では保育園の看護師の方が良いと言えます。

 

当然創出をする必要もありませんし、休日出勤をする必要もないので、規則正しい生活が送れるという面で、医療機関の看護師よりもかなり恵まれていると言っても過言ではありません。

 

保育園によって休日は異なってくるのですが、公立の保育園の場合には、土曜日や日曜日、祝日などは高い確率で休める事が多くなっていますし、他の保育園の場合には、土曜日が出勤になっている事はあっても、大体週2日は休める事が多くなっていますが、病院ではそうはいきませんので、子供が好きで規則正しい生活がしたいと言う人には保育園での勤務は向いています。

 

このように保育園で看護師として働くのは、得手不得手はあっても割と恵まれている環境にあると言えるのですが、通常保育園では1人での勤務となってしまう事は知っているでしょう。

 

1人では不安と言う人にはあまりお勧めはできませんが、自分で考えて自分の力を試してみたいという人や、上司からうるさく言われるのが嫌だと言う人も向いています。

保育園看護師の求人募集ガイド