保育園看護師に関する悩み・疑問

保育園看護師に関する悩み・疑問

保育園で看護師として働く場合であっても、他の職場で働く場合であっても、最も多い悩みは職場の人間関係ではないでしょうか。保育園で働く看護師の場合には、通常は1人で勤務していることが多いのに対して、保育士は1人だけということはありませんので、複数の人が勤務しています。そうすると、人間関係がこじれてしまった場合、看護師の方が圧倒的に不利になるのです。 保育園では、保育士は保育士の仕事をするだけでよいのですが、看護師は看護師の仕事と保育士の仕事をする必要があります。そのため、忙しい時に看護師が自分の仕事をしていると、保育士がこっちを手伝ってほしいと依頼することも珍しくはありません。保育士は看護師...

保育園には配置基準を含めて色々な基準があり、国が定めている基準ではかなり低く設定されています。例えば保育園の面積ですが、0歳から1歳までの子供の最低基準面積は3.3平方メートルとなっています。また、保育士の配置基準は0歳児が3人、1歳から2歳で6人、3歳で20人、4歳以上で30人となっているのです。よって国の基準では、面積基準も低くなっていますし、保育士の配置基準も低くなっているのです。 それに対して看護師の場合には、園児9人に対して1人の看護師が必要と定められているのですが、どこの保育園でも看護師は通常1人で勤務することになります。また、少人数制の保育園や、面積の小さな保育園では、看護...

【親から受けやすくなっているクレームの例】保育園で看護師をしていると、時々園児の親からクレームを受ける場合があります。こちらはしっかりと行っているつもりであっても、やはり親側からみればお金を払って子供を預けているという自負があるので、ちょっとしたことでも文句をいわれることがあるのです。では、どのようなクレームが多くなっているのでしょうか。 看護師へのクレームで最も多くなっているのは、やはり保育園に預けて仕事に行き、帰ってきたらケガをしていた時でしょう。何でうちの子供がケガをしているのかといった苦情が多いですし、しっかりと応急処置をしてくれたのかというクレームも多くなっています。また、ケガ...

【医療行為を行うことがほとんど無い】保育園で勤務する看護師の特徴として、殆ど医療行為を行うことがないという点が挙げられるのですが、保育園で行う医療行為と言えば、大半の人が簡単にできるケガをした時の応急処置ぐらいでしょう。もちろんケガが酷ければ病院へ連れて行きますし、病気の場合にはゆっくりと寝ているか、やはり症状が悪化してしまう可能性がある場合などは病院へ連れて行きます。 よって病院やクリニックのような医療行為を行わないので、もし保育園の仕事を辞めて、医療現場に復帰したいと考えている場合には、当然採用してもらえるのか心配でしょうし、面接では不利になってしまうこともあるでしょう。保育園という...

保育園看護師の求人募集ガイド