保育園で働きたい看護師の履歴書の書き方のポイント

保育園で働きたい看護師の履歴書の書き方のポイント

■まず、基本的な履歴書マナーに忠実に
履歴書は基本的にどこの職場に就職する時も注意するべき点は同じで、黒のボールペンで丁寧に記入すること、空欄を作らないようにすること、失敗したら修正液を使用しないで、新たに書き直すこと、できる限り記入欄の少ない履歴書を使用することなどが一般的です。これだけ守っていれば、大体どこの就職先へ行っても問題なのですが、やはり履歴書には資格を記入する欄が存在しているので、看護師として保育園で勤務する場合には、看護師の資格以外にも何か役立つ資格を取得しておくべきでしょう。

 

そうすることで資格の欄に記入することができるのですが、仕事をする上で役に立たない資格を記入しても仕方がないので、役立つ資格を調べて取得しておくとよいでしょう。中には比較的簡単に取得できる資格もあります。

 

■志望動機の欄をどう書けばよいのか
基本的に書き方自体はどこの職場に就職を希望していても変わらないのですが、唯一変わる場所が履歴書には存在しています。それは志望動機の欄なのですが、志望動機は履歴書を書く時に最も苦労する欄であり、人事担当者が最もよく確認をする欄でもあるのです。だからこそ何を書くべきなのか毎回悩むのですが、保育園で看護師の仕事をする場合には、どのような点に注意して書くべきなのでしょうか。

 

やはり自分は何で保育園で勤務したいと思ったのか、なぜ看護師の仕事をしていきたいのかという点を簡潔にわかりやすく説明するような内容がよいでしょう。しかし、子供が好きで看護師の仕事にもやりがいを感じているなどとありふれた内容では、書類選考があった場合には落とされてしまう可能性が高くなります。

 

それよりも、自分も子育てをして、子供が病気で大変な思いをしたので、安心して小さな子供が生活できる環境づくりをしたいと言った内容の方がまだましです。現在ではインターネットで志望動機に関する内容を調べることが可能なのですが、中には例文をそのまま使って書く人がいます。これでは当然採用してもらえませんので、必ず自分の言葉で記入するようにしましょう。

保育園看護師の求人募集ガイド