保育園看護師の仕事に役立つ関連資格いろいろ

保育園看護師の仕事に役立つ関連資格いろいろ

保育園で勤務する看護師は、当然看護師の資格を持っているのですが、看護師の資格以外にも、持っていると役に立つ資格がいくつもあります。資格は多数持っている方が当然就職時には有利になるのですが、保育園で勤務する場合には、やはり保育園で勤務するのに役立つ資格や、看護師として勤務をするのに役立つ資格を保有している事が重要です。

 

そこで保育園で勤務する看護師が持っていると有利になる資格をいくつか紹介していきたいと思いますが、やはり看護師であれば保健師の資格を持っておいた方が有利になりますし、保健師の資格があれば、看護師と保健師のどちらで募集を行っていても応募する事が可能になります。

 

他にも看護師として持っておくと有利になる資格は多数あるのですが、例えば救急救命士、介護福祉士、ホームヘルパー、ベビーシッターなどの資格もかなり役に立つと言えるでしょう。もちろんこれらの資格を全て持っていれば、保育園で勤務する看護師としては最高なのですが、一気に全ての資格を取得する事は不可能なので、看護師の資格を取得した時から保育園で勤務したいと考えているのであればともかく、やはり役に立つ資格を1つ取得しておく事をお勧めします。

 

そうなるとやはり看護師として働くのですから、保健師の資格が最も良いと言えるのですが、人によっては保育士の資格を取っておいた方が有利になるのではと考えている人もいます。確かに保育園で働くのですから、看護師資格と保育士の資格があれば、これほど役に立つ事は無いと考えられますし、保育士の資格は看護師と同じように国家資格なので、取得しておけば一生モノとなります。

 

現在では学校に通わなくても、通信教育で保育士の資格を取得する事が可能になっているので、もし保育士と看護師の資格を持っていれば、保育園で働く事にかけて、これほど心強い事はありません。更に保健師の資格を保有しておく事で、より確実に保育園での求人では雇ってもらえる確率が高くなると言えるでしょう。

 

保育園看護師の求人募集ガイド