保育園 新卒看護師

新卒看護師が保育園で働くことはできるのか

一般論として、看護師が保育園に勤務する場合は、「小児科などの経験があった方が働きやすい」と言われています。しかし、様々な保育園での看護師募集を見ると、やる気があれば新卒でもOKという求人募集も見られます。保育園で働く看護師の現状などを踏まえ、新卒看護師が保育園に勤務する場合を見て行きましょう。

 

<保育園での看護師募集の現状>
保育園での求人を見ていくと、「臨床経験○年以上」という求人をよく見かけると思います。これは、小児科などで臨床現場を経験していれば、園児の健康管理において十分に対応できるという保育園側の考えなのです。しかし、新卒看護師でもOKという求人はあるのです。「現場で働きながら学んでいってほしい」と考えている保育園も少なくありません。

 

<ベテラン保育士から学ぶ必要性>
新卒看護師で保育園に勤務する場合は、独身という看護師がほとんどでしょう。故に子育てなど未経験です。だから「保育園勤務は私には無理かな・・・・」と考えるのは短絡的すぎるのではないでしょうか?周囲をよく見てみましょう。子育てや子供に関する様々なことを知っているベテラン保育士は必ずいます。彼らから常に「学ぶ」という気持ちを持ってください。園児の健康管理が仕事になる看護師ですが、実際の現場では保育業務に関わることがとても多いのです。ベテラン保育士から学ぶことは山のようにあると思いますよ。この部分を十分に理解していれば、新卒の看護師でも保育園に勤務することは可能だと思います。

 

<新卒看護師でも十分働けます!>
結論として、小児科などでの臨床経験がある方が保育園では有利になるかもしれません。しかし、どんな仕事であっても最初は誰でも初心者です。「周囲の保育士の方々に子育てに関して学ぶこともとても多い」と語っている現場の看護師もいます。子供の救急対応に関しては、研修もありますので、常に学んでいくという姿勢があれば、新卒の看護師でも十分にやっていけるでしょう。特に新卒の看護師の場合には、研修を大切にしていただきたいと思います。同時に、子供の健康に関しては、文献・専門書などで学んでいくこともできるはずです。

 

先に述べたように、園児の健康管理と同時に、保育業務(お手伝い)が多くなるのも保育園勤務の看護師の特徴です。「自分は初心者なのだ」という気持ちと共に、子供に関する様々なことを貪欲に学んでいく姿勢を持つことが一番大切になるでしょう。蛇足になりますが、保育園での勤務は、将来自分が子育てをする時にとても役立ちますよ!

保育園看護師の求人募集ガイド