保育園 看護師 求人 東京

保育園の看護師求人募集【東京】

保育園・保育所が多い東京都ですが、文化的な側面などから看護師を設置している保育園は多い傾向にあります。東京都での保育園における看護師求人について考えてみましょう。

 

<東京都の保育園・保育所の現状>
東京都の保育園の設置状況を見ていくと、平成18年は、認可保育所が1648ヶ所、認証保育所が323ヶ所という状況でしたが、平成23年には、認可保育所が1800ヶ所、認証保育所が598ヶ所というように数年間でかなり増えているようです。また、保育所の数が増えるに従って、保育所入所申込者も当然増えています。しかし、待機児童数も大幅に増えているという現実がありますね。待機児童数に限ってみると、平成18年には4908人だったのが、平成23年には7855人まで膨れ上がっています。自治体、保育園経営サイドも看護師の設置を重視している部分もありますので、保育園の数から考えても、東京都での看護師の需要はかなり大きいと思います。

 

<地域から求人を考える>
東京都の保育園での看護師吸引状況を見ると、東京23区はどの区でも求人が確認できます。中でも、大田区、練馬区、品川区、江東区などは求人数が群を抜いているようですよ。また、八王子市、武蔵野市を始めとする多くの都市部の保育園が看護師を募集しているようですね。このような状況ですから、東京都では、町や村を除いたほとんどの地域の保育園で看護師の需要があると考えていいのかもしれません。

 

<看護師求人について>
東京都の保育園での看護師求人を見ていくと、正職員、パート、派遣など、様々な勤務スタイルの求人が出ています。他府県より給与・時給なども高い傾向にあり、都営三田線沿線の保育園では月収31万円という高給料を提示しています。平均月収は25万円程度と考えていいと思います。パートや派遣などを見ても時給2000円以上という求人がほとんどなようですね。勤務時間では9:00〜17:00くらいの求人が多く、残業の無さをアピールしている求人も多いです。また、ほとんどの求人が土日休日となっていますので、勤務時間・勤務日数から考えても、保育園はとても働きやすいと言えるかもしれません。

 

求人には、自治体が運営している公立保育園と、社会福祉法人が運営している私立保育園がありますが、どちらもメリット・デメリットが存在します。応募する前に対象となる保育園に関してある程度調べたほうが無難かもしれませんね。

保育園看護師の求人募集ガイド