保育園 看護師 役割

保育園看護師の役割・仕事内容

看護師を設置している保育園は少なくありません。保育園に看護師が必要なことは国も言及していますので、少しずつですが保育園での看護師の需要も大きくなっているようです。ここでは、保育園における看護師の仕事内容に焦点を絞って見ていきたいと思います。

 

<看護師は園児の健康管理だけを行えばいいのか?>
保育園が看護師の求人を出す場合、ほとんどの保育園が「園児の健康管理全般」という表現を用います。これは間違いがないのですが、求人を詳細に見ていくと、保育業務の補助、あるいは保育のお手伝いもしてもらう、という求人が少なくないことに気がつきます。また、実際現場で働いている看護師の声を聞いてみると、「健康管理業務と保育業務が半々くらい」、「どちらかと言えば、保育のお手伝いの方が多いかな」という声が多いのです。看護師にとっての保育園という職場は、園児の健康管理だけを行う職場ではないと考えた方がいいのかもしれません。しかし、保育園によっては、看護師が園児の健康管理のみに専念できる場合もあります。絶対に保育業務の補助をしなければならないというわけではありませんので、ここは間違わないようにしてくださいね。

 

<実際の仕事内容>
保育業務の補助は横に置いておきますが、園児の健康管理という部分を少し詳しく見ていきたいと思います。1年を通しての園児の健康管理計画の作成、日々の園児の健康状態のチェックや観察、手洗いのしつけ&実践、季節による病気予防の徹底、感染予防対策などいろいろあります。園児は、大人よりも病気に対して弱い部分がありますので、予防に繋がることは保育業務の一環として行われる場合がとても多いですね。このようなことからも、健康管理と言っても看護師が保育業務に関わっていくのは、ある部分必要なのかもしれません。

 

<保育園での看護師の役割>
実際に園児の保育に関わり、日常生活の中で園児の健康管理を行うことが保育園での看護師の重要な役割です。時には、怪我などをした園児のケアもあるでしょうし、病み上がりの園児の体調などを観察することもあります。また、保護者からも、薬の投薬などを依頼されることもあるでしょう。保育園・園児・保護者にとって、看護師がいるだけで心強いという部分は間違いなくあるのですよ。病院のように、医師の指示に従って行動するというわけではなく、一人で判断し行動していく能力が必要になります。故に責任も大きい仕事ですが、「園児の笑顔が全てを物語ってくれる」と現場の看護師は語っています。保育園は、意外にやりがいが大きい職場であることも事実なようですね。

保育園看護師の求人募集ガイド